楽天モバイルが2019年10月1日以降の契約は解約金0円!!

Pocket

おすすめ格安SIM
  • 楽天ポイント貯めるなら➡楽天モバイル
  • LINEを使っているなら➡LINEモバイル
  • 格安SIMに迷っているなら➡ワイモバイルまたはUQモバイル


  • こんにちは、izuru00です。

    今月、楽天モバイルが衝撃的な発表をしました。
    なんと・・・・
    2019年10月1日以降、
    楽天モバイルの新「スーパーホーダ」を契約した方は
    契約解除料0円!!

    しかも、最低利用期間も”なし”!

    今年、総務省が、携帯電話を解約する際に「解約違約金の上限を1000円に引き下げる」と新ルールを定めました。
    そんなニュースがTVやメディア等で騒がれていましたが、楽天モバイルは契約解除料金0円を出してきました!





    そもそも契約解除料金ってなに??

    契約解除料金、または解約金違約金と呼び名があります。

    おそらく、解約金や違約金での名前のほうが聞いたことがあるのではないでしょうか。
    よく大手携帯会社では、2年間の自動更新の契約をすることで月額料金を通常より安く提供していますよ、という契約があります。

    契約解除料金とは2年に1回(3か月間)ある更新月以外に、契約している携帯会社を解約すると発生する金額のことです。
    2年間の自動更新のないプランもあるのですが、ほとんどが月額料金が上がるので、自動更新がないプランを契約している方はあまりいません。

    楽天モバイルは、それを最低利用期間として最低〇カ月は楽天モバイルを使ってください。それを破ると契約解除料金が発生します、と定めています。
    ※詳細の表は次にあります。

    携帯電話会社のルールはコロコロ変わる

    自分は携帯会社のルールほど、コロコロ変わるものはないと思っています(笑)
    過去の楽天モバイルを契約した際の、解約金のルールですが、

    IMG_2935 IMG_2934

    たった1年間の間だけなのに、解約金のルールが変わっています。(まぁ、ほとんどの理由は総務省の横やりが原因ですが・・・(^^;)

    初めの2017年頃にあった、36か月契約の1~2年目の解約金はドコモ、ソフトバンク、auの大手3社と比べても、高い!としか言えませんでしたが、今度の2019年10月1日以降の新ルールは・・・

    IMG_2939

    完全に、解約金が0円になっています。
    ただし現在、楽天モバイルを契約していて最低利用期間を満了していない方が、この解約金がない新「スーパーホーダイ」にプラン変更した場合は、プラン変更しただけで解約金がかかります。

    まぁ、もともとが”最低利用期間あり”の条件で契約しているから契約は守ってね、ということでしょう。
    まだ楽天モバイルの最低利用期間が残っているいる方は、プラン変更は気を付けたほうがよさそうです。

     

    月額料金の割引率は長期的にみると減少する!

    ただし、現在楽天モバイルを使っている方は、長期で受けられる月額料金の割引はお得になっています♪

    2019年9月30日以前に契約している方

    プラン 契約年数 最低利用期間 割引 割引合計
    スーパーホーダイ 1年契約 1年間 ・楽天会員としての割引500円×24回(2年間)
    ・ダイヤモンド会員の割引500円×12回(1年間)
    2年間で
    計:最大18000円割引
    2年契約 2年間 ・楽天会員としての割引500円×24回(2年間)
    ・長期割引500円×24回(2年間)
    ・ダイヤモンド会員の割引500円×12回(1年間)
    2年間で
    計:最大30000円割引
    3年契約 3年間 ・楽天会員としての割引500円×24回(2年間)
    ・長期割引1000円×24回(2年間)
    ・ダイヤモンド会員の割引500円×12回(1年間)
    2年間で
    計:最大42000円割引

    2019年10月1日以降に契約する方

    プラン 契約年数 最低利用期間 割引 割引合計
    スーパーホーダイ なし なし ・楽天会員としての割引1500円×12回(1年間)
    ・ダイヤモンド会員の割引500円×12回(1年間)
    1年間で
    計:最大24000円割引

    2019年10月1日以降の割引はシンプルで分かりやすくなりました。

    1年目は10月1日からの新プランのほうが前のプランと比べても6000円分割引が増えてますが、2年目からは新プランのほうが前のプランより6000円損しています。さらに、3年目からは前のプランのほうが16000円も得になる計算です。

    もし、楽天モバイルを長期で使う予定で3年間変えないという方は、2019年9月30日までに契約したほうがお得になります。

    楽天モバイルを長期で使う予定は考えていないけれど、とりあえず使ってみたい♪というかたは2019年10月1日以降に契約したほうがよさそうです。

    楽天モバイルのプラン(2019年10月1日以降)

    IMG_2938

    割引は減っても10月1日以降の解約金0円のプランを待つ

    楽天モバイルは、今年10月1日に第4の携帯会社として始動した場合は、自社回線に順次移行する予定でしたが、携帯電話の電波を提供する基地局整備が間に合わないため2020年春まで延期になる見通しを立てました。

    とりあえずは、10月1日以降もNTTドコモ・au網を借りた格安SIM(MVNO)としての新規契約は継続で受付できるようです。
    やはり、新規で始まるサービスとして電波の繋がり具合は大丈夫なのか、などの不安もあったためMVNO契約を継続してもらえるのはありがたいです。

    楽天モバイルは、音声プランを契約すると楽天市場での買い物で、楽天スーパーポイントがいつでも2倍になるという魅力的なサービスを提供しています♪
    最近、”楽天経済圏”という言葉が流行っていますが、身近で簡単に波に乗れるのは携帯会社を楽天モバイルへ変えることです。

    楽天市場を愛用している方なら、楽天モバイルに切り替えることは今までの携帯料金を安くすることだけではなく、なおかつ楽天ポイントも2倍になるというお得なことしかありません♪

    しかも、10月1日以降は解約金も0円で切り替えにデメリットもありません!!

    10月1日を待って、楽天モバイルに切り替えてみてもいいかもしれませんね♪

    それでは、また次の記事で会いましょう。
    izuru00

     

    楽天経済圏”とは 楽天の提供するサービス全般にて、ネットショッピングやクレジットカード、光熱費、ふるさと納税、携帯料金、投資などを の日々の生活商事活動を楽天で統一した状態のこと
    Pocket

    人気ブログランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です