【2019年10月版】ドコモの携帯電話の解約金を1000円にするためにやるべき大事なこと

Pocket

おすすめ格安SIM

こんにちは、izuru00です!
2019年10月からほとんどの携帯会社が、総務省の定めた「解約金1000円」の新ルールを適用した料金プランを出しています。

2019年10月1日以降に新規契約、またはMNPで他社に移動した方は自動的に「解約金1000円」のプランになりますが、2019年10月より前に同じ携帯会社を使っている方はプラン変更をしないと新ルールを適用した料金プランになりません

しかも!
誰でも解約金1000円のプランになれるわけではないんです><

今回は、今現在ドコモの携帯電話を使っている方向けに解約金を1000円にするために何をすればいいか解説していきます。

2019年10月より前にプラン変更した方は再度プラン変更が必要!

ドコモの解約金1000円になるプランは5種類あります。

「ギガホ」、「ギガライト」のスマホ向けプラン2種類と、「データプラス」というスマホとセット契約で持てるタブレット向けのプラン。2つ折りのガラケー向けの「ケータイプラン」と、キッズケータイ向けの「キッズケータイプラン」の全5種類です。

この5種類のプランが解約金1000円の対象プランです。

これらのプランは2019年6月に新プランとして出たのと、新たに解約金の内容だけが変わった2019年10月から始まった新プランの2種類があります。

つまり、ドコモは2019年に新プランを6月と10月の2回出しています。

注意点として、解約金1000円のプランの受付が始まったのが2019年10月1以降からです。10月1日より前にプラン変更を申し込んだ方は、2019年6月に出たプランとなり解約金が9500円のままです。

例えば

【ケース1】
・2019年9月にギガホ・ギガライトへのプラン変更を申し込んだ。
➡10月から ギガホ・ギガライトへ変更になる。
(※申し込んだのが9月なので、2019年6月に出た解約金9500円のままのプランになる。)

【ケース2】
・2019年10月にギガホ・ギガライトへのプラン変更を申し込んだ。
➡11月から解約金1000円のギガホ・ギガライトのプランになる。

そのため、2019年10月より前に「ギガホ」「ギガライト」「データプラス」「ケータイプラン」「キッズケータイプラン」にプラン変更した方は、再度プラン変更が必要です。

人によっては解約金1000円になるタイミングが違う!

10月以降にプラン変更が必要と言いましたが、それだけで終わらないのがドコモです。

プラン変更は確かに必要ですが、その方の迎える更新月によって解約金1000円になるタイミングも違うんです。

例えば、今までのプランであれば2020年2月・3月・4月が更新月の方は、2020年2月・3月・4月以外に解約した場合、解約金9500円がかかります。その後、また2年間の自動更新が始まります。

【ケース1】

同じく2020年2月・3月・4月が更新月の方が、5月にギガホ・ギガライトへプラン変更の申し込みをすると、6月からギガホ・ギガライトへプランが変わります。ただし、プランは変わりますが解約金が1000円になるのは次回更新を迎えた2022年5月以降になってしまいます

この場合、プラン変更した後の2020年7月に解約すると解約金は9500円のままです。

更新を迎えてからプラン変更してしまうと、次回更新月が過ぎるまでプランが変わっても解約金は9500円のままです。

【ケース2】

同じく2020年2月・3月・4月が更新月の方が更新期間中(2020年2月・3月・4月)または、更新月を迎える前にプラン変更すれば、2020年5月以降は解約金1000円になります。

結論
次回、更新月を迎える前に早めに解約金1000円のプランに変更したほうがいい

すべてのプランが解約金1000円になるわけではない

実は、すべてのプランが解約金1000円になるわけでありません。

解約金1000円にならない対象外プランというものがあります。
分かりやすいところで、すでにドコモで新規受付が終了しているプランは解約金1000円の対象外となり、解約金が9500円のままです。

ガラケーのプラン
・FOMA料金プラン
・ガラケーで通話のみカケホーダイプラン(2200円)
・ガラケーで通話のみカケホーダイライトプラン(1200円)
・ガラケーでのシンプルプラン(980円)
など
スマホのプラン
・カケホーダイプラン(2700円)
・カケホーダイライトプラン(1700円)
・シンプルプラン(980円)
・タイプXiにねん
・シェアパック
・パケットパック
・ベーシックパック・ウルトラデータパック
・らくらくパック
・Xiパケホーダイ ダブル
・Xiらくらくパケホーダイ
など
タブレットプラン
・Xiデータプラン
・Xiパケホーダイ ライト
・Xiパケホーダイ フラット
など

多そうなのが、現在FOMAのガラケーを使っている方は解約金1000円のプランには入れないので、解約金9500円のままです。

上記のように解約金が1000円にならない対象外プランも多くありますのでご注意ください。

総務省がいろいろ言っていますが、すべての人が平等に恩恵を受けられるわけではありません。
携帯料金もシンプルに、シンプルにと言われていますが、実際は複雑な内容のままです。

どちらにせよ、行動しない限りは解約金1000円の恩恵を受けることができませんので、早めに行動したほうがいいかとおもいます。

Pocket

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です