ついに時代は通話定額制へ(≡^∇^≡)

09 - 1
Pocket

こんばんはー!!

ついに、ついに、ついに来ましたねー☆
au.docomo.softbank.ウィルコムの4社!
題名にも書きましたが、通話定額制時代が!!!

簡単に4社はなにが違うの?と表を作ってみました☆
 

  docomo softbank au
スマホ “カケホーダイプラン
   2700円”
“通話し放題プラン
   2700円”
“電話かけ放題プラン
   2700円”
データ通信量 “データSパック(2G)
   3500円”
“データ定額パック2(2G)
   3500円”
“データ定額2(2G)
   3500円※”
       or      or      or
  “データMパック(5G)
   5000円”
“データ定額パック5(5G)
   5000円”
“データ定額5(5G)
   5000円※”
“インターネット
接続サービス”
“   SPモード
   (スマホ)
    300円”
“S!ベーシックプラン
    300円”
“   LTENET 
    300円”
各割引サービス “  データSパック
(docomo16年以上)
△  -600円
データMパック
(docomo16年以上)
△  -800円”
“データ繰り越し
データ定額パック5(5G)から繰り越し可能
(100MB)”
“auスマートバリュー適用で
データ定額2
△  -934
データ定額5
△ -1420(※3年目以降)
 (※3年目以降-934)”
合計 “  データS利用  
  ¥5900円       
  データM利用
  ¥7200円   ”
“データ定額パック2
      ¥6500円
データ定額パック5
      ¥8000円”
“データ定額2
¥5560円
データ定額5 
¥6580円
(※3年目以降¥7066円)

おっと(^_^;)ちょっと見にくいですかね・・・。
一人で使う場合の各社のケータイ料金をざっくりまとめてみました!!
最後の合計が各料金の合計金額なのでそこだけみていただければ解りやすいかと!

最後に各社の好いとこ、気になる場所のまとめを!

docomo・・上の表をみると長く使っている人ほどかなりの割引が受けられます。
     家族全体でも一人でも長く使っていれば割引が大きいのがメリットです。
     さらに大きなメリットとして、データ通信がいらなければ、SPモード、
     データ通信をはずし、2700円のカケホーダイだけで持つことが可!!
     (他社はできない最大のメリット!)

Softbank・一人で受けられる割引がないのが残念!複数回線(家族等)で入ると
     割引も受けられるみたいですが、今回は一人で使うかた向けなので
     省きます。余ったデータを翌月に繰り越せるのはSoftbankのみ!
     データを無駄なく使いたい人におすすめ!

au・・・auの条件は厳しく
    ※印は4G LTEスマホは必ず≪電話カケ放題≫+≪データ定額≫
    はセットで必要!!!なので最低¥6500円(割引がない場合)必要!!
    なお現在でてるスマホはほとんど4G LTEスマホ(^_^;)
    完全にデータを外すことはできず割高感が・・。かろうじて
    auスマートバリューに加入してるかたなら他社のどこよりも
    データ定額含めて安く使える。

どれが自分に合うかは使い方次第でよく選んだほうがいいですね。
旧プランをそのまま使うって選択肢もありですよ☆うちは、旧プランのまま使い続けていくつもりです!
カケホーダイはウィルコムで、できるので(^O^)/☆

今回、3社でいっぱいいっぱいでウィルコムを語れなかったです><
次回はそのあたりを書こうと思います☆それでは、また!

Pocket

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です